業界記事

第二工場改築へ/施設計画策定へ

2005-03-18

 越谷市・草加市・八潮市・三郷市・吉川市・松伏町の5市1町で構成する東埼玉資源環境組合(管理者・板川文夫越谷市長)は、28日の組合議会へ上程する17年度当初予算案を公表した。一般会計の総額は83億2100万円で対前年度に比べ2・3%の増額となった。このうち工事請負費は13億9480万円。注目される第二工場ごみ処理施設建設事業には、施設計画策定業務委託費2000万円を盛り込んだ。
 第二工場ごみ処理施設計画策定業務は、現状に合わせ将来的な人口やごみ処理量などを推計。これまでの計画を見直し、施設のモデル設計などを行う。
 主な工事予算は、第一工場ごみ処理事業の焼却炉オーバーホール工事6億円、溶融炉オーバーホール工事1億9000万円、ごみピット消火設備工事1億1000万円、第一工場発電事業の発電設備オーバーホール工事費1億5400万円、ボイラー耐火物補修工事7500万円など。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野