業界記事

測量、地質を追加/関東整備局も新運用

2005-03-25

 国土交通省関東地方整備局は、コンサル業務における低価格受注に関する調査について、4月1日からの新たな運用指針を18日、管内の全事務所へ通知した。調査対象案件は、指名競争入札で落札率が70%未満の、<1>測量<2>建築関係建設コンサルタント<3>土木関係建設コンサルタント<4>地質調査<5>補償関係コンサルタント――。
 コンサル業務における低価格調査については、昨年11月1日に本省から全整備局に通達されているが、同局では9月末から先行的に取り組んでいた経緯がある。今回の運用通知により初めて、全整備局統一的な調査を実施することになる。
 同局の視点から見て新たに加わったのは2項目。1つは、現場で業務を行うことの多い測量と地質調査を対象としたもの。調査対象案件では請負者側に「現場責任者」を定め、現場作業状況の調査を実施する。
 もう1つは、業務完了検査時における、照査状況の調査。検査職員が照査技術者に対してヒアリングを行い、照査が設計図書に従い適切に行われているかを確認する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野