業界記事

八幡山史跡整備基本設計/新年度の歴史文化課事業

2005-03-24

 新潟市国際文化部歴史文化課の新年度主要事業概要は次の通り。
▽文化財保護調査事業=830万9000円。新市の指定文化財を調査し、政令市移行に向けた新たな基準作りとその基準に合わせた文化財指定を目指す。また、北前船調査や日和山調査などを行うほか、各支所で文化財の調査・修復等を行う
▽八幡山遺跡史跡整備事業=3536万2000円。新津地域の古津、金津にある同遺跡の国の史跡指定に伴い、史跡の保存活用を図るため、土地の取得及び史跡整備の基本設計などを行う
▽市内遺跡範囲等確認調査事業=6023万4000円。合併建設計画事業や民間開発事業に伴う遺跡の有無や範囲を確認するための試掘・確認調査を行う
▽埋蔵文化財本格発掘調査事業=2億9935万7000円。内訳は満日地区ほ場整備発掘調査に1億6385万7000円、両新地区ほ場整備発掘調査に5000万円、結七島遺跡発掘調査に5600万円、亀田・日水遺跡発掘調査に2950万円
▽出土品整理活用事業=2687万5000円。資料の体系的整理やデジタルデータ化を図る

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野