業界記事

東電と共生事業計画検討/17年度当初予算で農集排復旧に9・6億

2005-03-24

 刈羽郡刈羽村は新年度の当初予算を公表した。一般会計の予算額は46億7000万円で、今年度より14億5000万円減となった。
 主な事業費では、まず役場庁舎管理工事費に4914万円、うち非常用電源設備設置工事に3339万円を配分。また、庁舎耐震診断委託費に666万8000円。地域情報化実施計画策定業務委託費には300万円。
 発電所共生事業には136万8000円を予算化し、東京電力(株)と共同で柏崎刈羽原発に係る共生事業計画の検討及び計画書等を製作する。
 共同墓地造成工事費に4000万円、施工監理委託費に200万円を計上(4125㎡、50区画)。
 農業施設整備事業には7350万円を投入し、刈羽6号農業用排水路工事ほか3か所で工事を進める。地籍調査費には950万円を付けた。
 道路新設改良には3億5550万円を計上し、村道前田線改良舗装工事(L310m、W9・5m)ほか7か所で工事、調査設計、補償を実施。
 生涯学習センター駐車場整備工事には9802万8000円。対象は舗装工事面積6000㎡、駐車場台数140台、照明灯・水道設置。
 災害復旧関連では、農村環境改善センター災害復旧工事費に8946万円、勝山地区体育館災害復旧工事費に5465万8000円。農業集落排水関連の災害復旧費には総額9億6732万6000円、うち委託費1億1732万6000円、工事費5億5000万円。
 簡易水道関係では、配水管移設事業費に3億3505万円を盛った。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野