業界記事

7・1億で戸田JV/流域下水道赤堀・東・境幹線

2005-03-24

 県下水環境課は23日、一般競争入札で佐波処理区流域下水道赤堀・東・境幹線2-2工区を執行したが、不調に終わった。これを受け4JVによる不調随契へ移り、戸田建設・池下工業・吉田組JVの落札が決まった。落札金額は7億1700万円。
 工事請負締結議案は5月議会へ上程する。
 今回の工事は入札時VEを採用、あらかじめ同課では標準的施工方法として泥水式シールド工法を提示したが、これ以外の独自工法の提案も可とした。
 提案された工法は、技術審査会においてその工法が可能であるか等を審査し、可能と判断された場合には技術提案した工法のもとに入札する。
 仮に、独自工法の施工が認められなかった場合でも参加申請書に泥水式シールド工法でも応札する希望があることを示しておけば入札には参加できる。
 また、独自工法を提案せず、最初から泥水式工法による入札もできる。
 戸田JVからは?セグメントの幅を900mmとする<2>全線にわたり2次覆工をFRPM管で施工する--の2点が提案された。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野