業界記事

荻窪公園など3案承認/第134回県都計審を開催

2005-03-24

 第134回県都市計画審議会が23日、県議会会館で開催された。
 今回審議されたのは、前橋都市計画公園(荻窪公園)、館林都市計画区域内産業廃棄物処理施設敷地位置、太田都市計画区域内産業廃棄物処理施設敷地位置の3議案でいずれも承認となった。荻窪公園は、地域に現存する豊かな自然環境の保全や、最終処分場跡地等を緑化して市内で3か所目となる総合公園を整備するもの。
 全体区域面積は、約30・1haとなり、内部は4ゾーンで区分。
 メーンとなるのは、にぎわいゾーン(約4・3ha)ですでに整備済みの温水利用健康づくり施設、農畜産物直売所等が設置されている。
 また、ふれあいゾーン(約11・7ha)には、既存の林を利用し、バーベキュー広場、修景池、、管理ヤード、野草園等を整備。
 スポーツゾーン(約6・3ha)には、多目的スペースとしてお祭り広場、スポーツ広場、子どもの遊び場等を設ける。
 健康の森ゾーンへは、旧最終処分場を緑化しお花見広場、ピクニック広場等の軽運動スペース、散策路等を整備する。
 一方、産業廃棄物を計画しているのは、都築鋼産(東京都足立区新田1-10-19)が明和町下江黒地内へ、エムケープラント(大泉町古海794-36)が同地内周辺へ計画している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野