業界記事

パル・戸田JVに決定/第二中学校改築の設計

2005-03-24

 水戸市は23日、公募型プロポーザルで業者選定を進めていた第二中学校改築の基本設計について入札審査会を開き、最適設計業者をパル・戸田建築設計JVに決定した。今月28日には正式に随意契約を結び、設計業務に着手する。履行期間は約3か月間。17年度中には引き続き、実施設計を策定、18・19年度で本体改築工事を予定している。
 市は、「市立第二中学校改築基本設計業務」の公募型プロポーザルを1月下旬に公告し、受付期限までに市内2者で構成する10JVが参加表明していた。
 施設の設計規模は、敷地面積4万1285㎡で、建物はRC造、計画面積は校舎6000㎡程度(普通教室13+1教室)・食堂390㎡。概算事業費は、建物部分について1㎡当たり25万円程度。
 今回の選定理由としては、特に施設配置については、現在の敷地で工事工程手順を工夫することなどで仮設校舎を不要とする事業計画とし、施設の長期的使用などトータル面でのコストの縮減が期待できる-と評価した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野