業界記事

コピー費用など引き下げ/情報開示で見直し

2005-03-18

 県は、来月1日から情報公開における開示費用を見直し、これまで20円だったコピー1枚を10円とするなど費用を全般にわたって引き下げる。
 県では、平成12年に情報公開新条例が施行されてから5年目を迎えることから、コピー費用やフロッピーディスク等について、購入単価を基に見直すとともに、開示方法にカラーコピーを加える。
 文書、図面の写しは、コピー(1枚A3判まで)を現行の20円から10円とし、これまで規定の無かったカラーコピー(実費80円)も40円とする。
 また、電磁的記録の複製媒体も、フロッピーディスクを300円から70円、録音テープ(120分)を600円から170円、ビデオテープ(120分)を700円から350円、CDーRを420円から120円にそれぞれ引き下げる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野