業界記事

医大南部区整スーパー街区造成/下水管渠は成島地内約3・5km/17年度当初予算

2005-03-18

 玉穂町の新年度当初予算が明らかになった。一般会計予算の総額は35億9113万7000円で、前年度当初と比べ2・7%の減。また、関係する特別会計の土地区画整理事業に6億2973万3000円(同費54・1%減)、下水道事業に7億1270万9000円(同比3・9%増)を計上している。同町では新年度に田富町、豊富村との合併を控えていることから、医大南部土地区画整理事業(2億700万円)、下水道管渠布設等工事(2億6320万円)などの事業進捗を重点とした予算内容となっている。
 医大南部土地区画整理事業では新年度に、スーパー街区(8万2300㎡)のうち、未整備箇所の荒造成の進捗を図るほか、道路築造については玉穂1号線、2号線や、昭和玉穂線の舗装工事などを主に計画。これらの工事については5月頃から順次発注を予定している。
 総事業費85億円余を見込み14年度から下河東、成島地内の約49haを対象に区画内道路の築造工事、都市計画道路等の整備を進めている同事業では18年度の全体工事完了を目指し、主な都市計画施設として、計画道路106路線(1万3403m)、計画公園5箇所(1万5822㎡)、計画河川3路川(1975m)などの整備が進捗している。
 釜無川流域関連の下水道事業では、医大南部土地区画整理事業地内と、同事業地周辺の成島地内の役場周辺など既存集落を主に管渠布設等工事を進める。新年度は、区画整理事業地内(L約1000m)、成島地内の既存集落(L約2500m)の施行を計画するほか、前年度からの未執行の繰越明許工事(約7000万円)として区画整理事業地内の管渠工事(L約700m)の施行も予定。
 繰越分は5月頃をメドに入札執行し、新年度分についても順次工事を発注する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野