業界記事

県産品を使って!/事例集で各社がPR

2005-03-23

 県産品を売れるようにの願いを込めて、県生産製造会社が自社製品のアピールをすべく自ら特色を生かした事例集をつくり、その46社分の分を冊子にした「16年度県産品事例集」=写真=を県土整備部は配布した。
 今年度版の事例集の特徴は、何と言っても製造会社が共通の枠(材料と会社名など)を除いて1ページ丸ごと自社製品を紹介していること。特徴の説明をビジュアルにしたり、もしくは言葉の説明を長くするなどそれぞれのやり方で策定した。これまでは各企業の資料を県の各発注者が同じ大きさパターンで紙面をつくり事例集としてきてが、企業の意欲を駆り立てるべく業者任せにしている。
 事例集は、「共通資材」11社「土木資材」27社「建築資材」2社「電気設備」4社「機械設備」2社の46社から成る。例えば、骨材、道路用コンクリート製品、石材などの材料名、発注機関名と具体的な利用のされ方の写真が示されている。
 冊子の内容は技術管理課のホームページでも見られます。問い合わせは同課(電話048-830-5201)まで。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野