業界記事

中学校建替で調査費/新年度予算/村道整備に2億計上/普通建設事業費は5・2億円

2005-03-23

 稲敷郡美浦村(上野武雄村長)は、平成17年度の当初予算額を明らかにした。一般会計は50億8600万円で、前年度対比7・1%の減。うち普通建設事業費は5億2583万8000円で、前年度対比14・1%の減となった。主な事業をみると、村道整備で2億2700万円を確保するとともに、木原と安中小学校の屋内運動場屋根改修に5600万円を計上。美浦中の建て替えでは、用地の地質調査や測量が盛り込まれている。
 一般会計は、16年度当初に減税補てん債の借り換え分で3億9390万円を計上していたため、その分を差し引くと実質的な増減率は0・1%の微増で、ほぼ前年度並みの予算を確保したことになる。
 しかし、普通建設事業は前年度対比14・1%の大幅な減となった。美浦中建て替えの基本設計費や用地費が減ったため。主な事業をみると村道整備、木原や安中小学校の屋内運動場屋根改修を計上。美浦中学校の建て替えでは、用地の地質調査と測量が計上されたが、財政事情などを勘案し、実施設計の予算化は先送りされた。
 村道整備では、新設改良事業で新規路線として<1>村道2274号線(宮地地区)<2>村道2175号線(受領地区)<3>村道1594号線(信太地区)の3路線。継続路線として<1>布佐南部2地区<2>村道1464・1510号線(興津地区)の2路線を計上。
 歩道整備でも<1>村道101号線(興津、土屋地区)<2>村道204号線(郷中地区)<3>村道104号線(茂呂、大田地区)の3路線を継続する。
 排水整備事業をみると、新規が<1>村道1692号線(信太地区)<2>村道2805号線(大山東部地区)<3>村道1335号線(郷中地区)<4>村道1825・1897号線(興津地区)の4路線。継続が<1>村道105号線(大谷地区)<2>村道1465号線(興津地区)<3>村道1379号線(土屋地区)の3路線となっている。
 木原小学校と、安中小学校の屋内運動場屋根改修では、木原小分に3246万5000円、安中小分に2377万2000円を計上した。
 美浦中の建て替えでは、用地の地質調査と測量を進めるとともに、検討委員会で協議を継続する。
 一方、特別会計をみると、農業集落排水事業が2億6240万円で、前年度対比31・0%の大幅な増となった。安中地区の整備で4000万円を増額しているため。計画では、延長450mの管路工事、ポンプ施設1か所、圧送ポンプ施設2か所の改修を進める。
 公共下水道事業は、7億5780万円で、前年度対比40・3%の大幅な減で、うち下水道事業費に6億5400万円を計上。水処理センターの建設で汚泥処理設備と自家発電設備工事を進めるとともに、延長4500mの管渠工事に着手する。
 水道事業会計の資本的支出は9070万円で、大須賀津地内と大谷地内の工事費として1134万円が見込まれている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野