業界記事

一部地区で変更届必要/建設業許可等事務取り扱い

2005-03-19

 県土木部監理課は、3月中の市町村合併に伴う建設業許可等の事務取り扱いについて周知している。合併に伴う住所表示の変更届は必要ないが、稲敷市の市制施行に伴い「新利根町駒塚」「江戸崎町大字古渡」は大字名が変更されるため、当該地区に営業所を有する建設業者は、変更届の提出が必要となる。
 変更届等の取り扱いは次のとおり。
◆建設業許可=合併に伴う住所表示の変更届は必要ない。合併期日以降、管轄土木事務所で以下のとおり変更する。ただし、稲敷市の市制施行に伴い「新利根町駒塚」「江戸崎町大字古渡」は大字名が変更されるため、当該地区に営業所を有する建設業者は、変更届の提出が必要となる。
◆住所表示の変更点
 <1>坂東市=「大字」表記を削除する。岩井地区の大字「三」を「みむら」とひらがな表記とする。
 <2>稲敷市=「大字」表記を削除する。「新利根町駒塚」「江戸崎町古渡」に営業所を有する建設業者は変更届の提出が必要(大字名が変更されるため)。
 <3>かすみがうら市=「大字」表記を削除する。千代田地区の地番の枝番「の」を削除する。
 <4>取手市=藤代地区の「大字」表記、地番の枝番「の」を削除する。
 <5>筑西市=「大字」表記を削除し、下館・関城・明野地区は地番の枝番「の」を削除する。
 ※「大字」表記の削除例
 ・稲敷郡江戸崎町大字江戸崎○○番地→稲敷市江戸崎○○番地
 ※地番の枝番「の」の削除例
 ・新治郡千代田町大字上土田○○番地の○→かすみがうら市上土田○○番地○
◆経営規模等評価結果通知書・総合評定値通知書(経営事項審査結果通知書)=市町村名の変更に伴う結果通知書の再出力、再審査、訂正は行わない。旧住所表示の結果通知書は当然有効。
◆茨城県建設工事・建設コンサルタント・経常JV入札参加資格=合併に伴う住所表示の変更届は必要ない。ただし稲敷市の市制施行に伴い「新利根町駒塚」「江戸崎町大字古渡」は大字名が変更されるため、変更届の提出が必要。
◆問い合わせ=県土木部監理課建設業担当。電話029-301-4334。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野