業界記事

7事業で3・4億繰越す/16年度最終補正予算/図書館の設計費を減額

2005-03-19

 土浦市は、一般会計予算の3月最終補正案を明らかにした。それによると、下水道事業特別会計への繰出金や懸案となっていた図書館建設の基本設計費などを減額。土木費と教育費を合わせて6億円余りが減額されている。しかし、財政調整基金の積立金に8億6341万円を追加したため、総務費が7億5500万円の増額で、商工費でも5億円余りを増額していることから、予算全体は8億1214万9000円の増額補正となった。次年度への繰り越しでは、7事業で計3億4442万円を明許。道路新設改良で1億8507万9000円を繰り越す。
 図書館の建設では、当初に計上していた基本設計費1780万円を減額する。土浦駅前北地区で計画されている再開発事業に含めて整備する考えでいるため。今後は、再開発事業の推進計画に盛り込まれることになる。
 主な最終補正額と、次年度への繰越名許費は次のとおり。
●主な最終補正額
【総務費】
◆財政調整基金積立金=8億6341万円
【衛生費】
◆ごみ焼却施設定期整備工事=7万円
◆ごみ焼却施設機械等補修工事=246万8000円
【土木費】
◆公共用地先行取得事業特別会計繰出金=2億8302万円
◆駐車場事業特別会計繰出金=6198万5000円
●繰越名許費
◆知的障害者デイサービス施設整備補助事業=1696万円
◆南部地区児童館整備事業=1528万5000円
◆一般地帯土地改良事業=380万1000円
◆道路新設改良事業=1億8507万9000円
◆幹線排水路整備偉業=409万5000円
◆歴史の小径整備事業=1786万円
◆川口田中線街路事業(2期)=3150万円
◆真鍋小学校校舎改築事業=6984万円

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野