業界記事

韮崎西中学校全面改築設計コンペ、今月中にも最優秀案を決定/18年度着工視野に

2005-03-17

 韮崎市は、韮崎西中学校校舎等の全面改築の計画で、設計コンペによる委託業者の選定作業を進めている。現在、県内・外の7者から設計案を募っているところで、今月中をメドに最優秀案を決定し、同設計業務の委託契約を結ぶ予定。
 改築が計画されるのは、同市神山町鍋山地内の約2万8000㎡の敷地内にある同校の校舎棟、屋内運動場、武道館、屋外プール、グラウンドなどの施設全体。これらの施設は昭和42~44年に建設されたもので建物の老朽化が進み、耐力度の不足が懸念されていた。事業に先立ち今年度は、志村一級建築士事務所(甲府市国母)に委託し、同校の校舎等を対象に耐力度調査を実施しているが、同調査等の結果を踏まえ施設の改築に向け、設計等の準備を進めることになったもの。
 改築の設計コンペにあたり市が示した各施設の基準となる規模は(1)校舎棟(概ね7000㎡)(2)屋内運動場(アリーナ部概ね1200㎡)(3)武道館(概ね450㎡)(4)プール(25m×8コース)など。今後、各者からの設計案の説明を受け、年度内に最優秀案を決定する運び。
 新年度には設計作業とあわせて、教育関係者などでつくる建設構想委員会も立ち上げ、同委員会における意見を反映しながら改築の詳細な内容を詰める予定。18年度には改築工事に着手したい考えで、3か年の計画で整備を進め、20年度の整備完了を目指す。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野