業界記事

大北支部/電子納品で講習会

2005-03-16

 (社)長野県建設業協会大北支部は11日、先月の電子入札講習会に続いて、電子納品の講習会を大北建設会館で開催した。県が17年度から全案件を電子入札対象となるのに対し、同支部では勉強会を重ねており、今回はおよそ60名の支部会員の担当者が参加した。
 会では、(株)建設経営サービスの小曽川喜一氏を講師に迎え、「受注力に差がつく!電子納品への対応策」と題しての講習が行われた。
 内容は、電子納品の位置付けから始まり、着手まえの準備、種類などの内容、問題点やこれに対応する防衛策など、多岐にわたり説明された。日の浅いシステムなため、発注者側の担当者も良く理解できていないケースなどもありトラブルとなる点も披露され、着工前の受発注者間での取り決めが大切であると強調していた。また、受注者側の立場から解説された土工協による参考資料や、県の場合はアドバイザイーのサポートも可能である、などの防衛策も紹介され、参加者は熱心に耳を傾けていた。
 写真:講習会の様子

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野