業界記事

建設業の所定外労働前年比36・1%減に/山梨の賃金・労働時間・雇用の動き

2005-03-16

 県は15日、平成16年平均の山梨の賃金・労働時間および雇用の動き(事業所規模5人以上、毎月)を公表した。それによると、建設業の所定外労働時間が前年より36・1%の大幅減となり、県内建設投資の減少を反映したものとなった。
 同調査は、賃金、労働時間、雇用について、山梨県における変動を明らかにするのを目的に、様々な業種で常時5人以上を雇用する事業所の中から約520事業所を抽出して実施している。
 このうち、「賃金の動き」は全事業所平均をみると、現金給与総額31万1854円(前年比2・8%減、2年ぶりの減)建設業は、総額37万0533円(同2・2%増)、きまって支給32万3020円(同0・7%減)、特別支給4万7513円(同1万205円増)の内訳。
 また、「出勤日数・労働時間の動き」では、全産業平均が出勤日数19・9日(同0・3日増、5年ぶりの増)、総実労働時間155・9時間(同0・9%増)、所定内労働時間145・2時間(同0・5%増)、所定外労働時間10・7時間(同7・0%増)。うち、建設業は出勤日数21・5日(同0・1日減)、総実労働時間170・5時間(同2・0%減)、所定内労働時間161・7時間(同1・2%増)、所定外労働時間8・8時間(同36・1%減)。
 「雇用の動き」では、全産業で推定常用労働者数26万1521人(同2・7%減、2年連続減)、パートタイム労働者数5万9659人(同11・2%増)。建設業は、推計常用労働者数1万8120人(同8・1%減)、パートタイム労働者数621人(同3・4%増)。入職率1・5%に対し、離職率が1・8%と離職率が0・3%上回っている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野