業界記事

三珠中学校大規模改造に着工/篭鼻川浦線は2工区を予定/17年度当初予算

2005-03-16

 三珠町の新年度一般会計当初予算は、23億2165万1000円で、今年度当初より、10・6%の増(2億2168万1000円)となった。同会計に占める普通建設事業費は4億4125万1000円で、今年度当初(2億3085万3000円)と比べ2億1000万円余の増となった。建設関連の主要事業は、三珠中学校大規模改造工事(1億1550万円)、篭鼻川浦線道路新設改良工事(1億500万円)、公共下水道管路布設・舗装復旧工事(1億2466万円)など。
 三珠中学校大規模改造工事は、上野地内にある現校舎(RC造2階建て)の老朽化が進み、屋根から雨漏りすることから行われるもの。工事内容は外壁塗装、教室や廊下の床張替や天井、電気整備などを併せて実施。夏期休暇中の着工を予定している。同工事の設計業務は、馬場設計(甲府市)が担当。
 篭鼻川浦線道路新設改良工事は、県道甲府市川大門線の上九一色入口交差点から国道140号線を結ぶ(L930m)道路を整備するもの。同工事は、新年度に実施される計画だったが、用地購入が順調に進み同購入のメドがついたことや、国の補助内示が下りたことから、昨年11月19日に1工区分(L147・3m、W16m)及び3工区分(L160m、W16m)の工事を発注している。
 新年度は、今年度に引き続き、2工区分(L60m、W16m)の用地購入作業を行い、秋口頃には着工する。
 公共下水道管渠布設・舗装復旧工事は、今年度に引き続き、大塚地区を整備する。6月頃から順次工事を発注する考え。同地区の管渠布設工事は、今後も継続して進めていく。
 このほか、関係する特別会計では簡易水道事業に1億9556万1000円で今年度比4・1%増(768万8000円)、公共下水道事業に3億3020万1000円で今年度比26%減(1億1609万3000円)、農業集落排水事業に2877万3000円で今年度比78・8%減(1億693万7000円)などを予算化した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野