業界記事

基本構想費繰り越す/最終補正

2005-03-17

 石岡市の最終補正予算案が明らかになった。一般会計予算は2億4426万8000円の減額補正だが、次年度への繰り越しをみると、策定作業を一時的に中断していた複合文化施設の基本構想費で441万円を明許。現在では作業を再開しているため、8月ごろまでに構想がまとまる見通し。
 一般会計は、減債基金の積立金で863万円を追加したため、諸支出金は増額されている。しかし、土木費で9764万4000円や総務費でも8535万6000を減額していることから、会計予算全体は減額補正となった。
 ただ、次年度への繰り越しをみると、策定作業を一時的に中断していた複合文化施設の基本構想費で441万円を明許。国庫補助道路整備事業で5374万円や竜神の森整備事業でも5123万3000が繰越明許されている。
 複合文化構想については現在、基本構想の策定作業を再開。7月から8月までに構想をまとめ、18年度ごろから基本設計をまとめる見通し。
 建物は図書館を中心に市民会館などを複合させた施設になりそう。建設にあたっては合併特例債を活用する考え。
 特別会計は下水道事業が3279万1000円の増額補正となった。維持費と流域下水道の負担金を減額する一方、元金や利子の償還費で3496万4000円を計上したため。次年度への繰越では、公共下水道事業で4000万円、流域下水道事業で61万円が明許されている。
 農業集落排水事業では農集排建設費で7170万円を繰り越す。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野