業界記事

堀金村の17年度予算/骨格で一般会計46・6億/保育所建設では実施設計費

2005-03-15

 南安曇郡堀金村は11日、17年度当初予算案を3月定例村議会で議決した。10月に合併を控える5町村の申し合わせでの通年予算で、一般会計は前年度当初比32%減となる46億6700万円。村長選挙を控えての継続中心の骨格編成であり、16年度には小学校建設をはじめとする大型事業費の計上もあったため大幅なマイナスとなった。
 16年度着手した小学校建設は、町村合併も絡み、当初の予定を早め17年度には完了する計画。3分離により発注された工事は北野建設・岡谷組JVらが施工を担当。出来うるなら、合併前の9月までにグランド・外構を含めた工事を完了させたい意向だ。未発注のプール整備も同様の工期を設定しており、年度早々の発注が予想される。当初予算には、工事費として13億1002万円を計上している。
 築後28年以上が経過、老朽化が進む保育所の建替えにおいては、実施設計費として2520万円を予算化しているほか、建設基金積立金として7000万円を組んでいる。また、ほりでーゆ~四季の郷工事設計委託には225万円を盛った。詳細については未定だが、身障者等への配慮としてバリアフリー的な施設改修が考えられているもよう。
 このほか、物産センター加工所の屋根塗装など農業構造改善工事に1209万円、ふるさと農道工事に3600万円、道路維持工事に3500万円、道路新設改良工事に1億3002万円などの費用計上を行っている。
 一方、下水道特別会計は総額6億7800万円で、前年度当初と比べると1・6%のマイナス編成。管渠等施設工事に1億5000万円を盛ったほか、下水道管調査委託には1311万円を見込んでいる。
 水道事業会計は、田多井地区の下水道関連の配水管布設替工事に8000万円、送配水管布設替工事に3000万円の費用を充てる。資本的支出の総額は、前年度当初比8・7%減となる1億6642万円。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野