業界記事

早期に3分離発注/芝川小C・D棟の改造・耐震

2005-03-16

 上尾市は、芝川小学校(久保180)C・D棟の大規模改造工事並びに耐震補強工事を、17年度早期に発注する予定。形態は、建築、電気設備、機械設備の3分離になる見通し。建築工事は、議会承認案件になる金額から、早ければ4月にも入札が執行される。
 工事関係予算は、国の補正予算(補助金)の関係から、3月補正予算で3億7464万円を計上、繰越明許にしている。
 工事内容は、大規模改造工事が、屋上防水を除く、外壁、内装、電気設備、給排水衛生設備の全面改修で、耐震補強工事が、鉄骨ブレース、スリット、RC壁の増設などを実施する。
 校舎の規模は、C棟がRC造3階建て、延べ床面積1126㎡、D棟が同4階建て、延べ床面積1483㎡。建設年度は両棟とも昭和50年。
 C・D棟の大規模改造および耐震補強設計は昨年、体育館棟(RC造2階建て、延べ床面積1415㎡)を含め、団設計(さいたま市、電話048-852-2777)が手掛けた。校舎を先行整備する方針と予算確保の状況から、体育館工事は先送りする。
 16年度と17年度の継続事業で施工している同小学校A・B棟の大規模改造工事と耐震補強工事は、建築が上尾興業、電気設備が栄電業、機械設備が大川工業所で進められている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野