業界記事

保全計画策定へ/新田町役場庁舎

2005-03-16

 新田町は、3月28日に太田市などとの合併に伴い、既存の庁舎を新市の(仮称)新田総合支所として利用することから、庁舎保全計画を策定し改修工事を計画している。今後は、合併後に詳細を検討し、7月頃にも保全計画を委託。18年度に設計を行い、19年度からの工事着手を目指す。
 新田町の既存庁舎は、昭和52年に建設され、これまでに平成5年に増築工事が施されている。規模は、RC造(一部S造)3階建て、延べ床面積約3800㎡。
 計画では、既存庁舎を合併後も長期的かつ、経済的に利用するため、改修工事を実施する。また、老朽化が進んでおり、雨漏りなどの部分的な改修工事はこれまでに行ってきたが、その他の改修箇所が多くあり、全体的な箇所を調査して、一括で工事を施す考え。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野