業界記事

布設替え2万700m/SFP設置も1万8000件/水道局

2005-03-15

 17年度の配水管整備事業は、老朽管布設替え2万700m、新設工事は1万9430mを予定。大半の設計業務は完了しており、新年度から順次発注する。また、鉛給水管取り替え修繕、漏水調査なども実施する。
 老朽管布設替えは、合併する岩槻市内はすべて石綿管の更新。さいたま市内については、鋳鉄管の布設替えがほとんど。布設替えは18年度以降も順次整備を進め、概ね5か年での事業完了を目指す。
 配水管新設工事は、配水管支管1万85000m、幹線は930m。φ100mmを中心に、50mm~350mm管を埋設する。
 水道メーター前後の設置部と、本管からの分離分に設置されている鉛管は、ステンレスフレキシブルパイプ(SFP)に更新する。
 メーター前後部に設置されている鉛管は約50cm、SFPへの更新場所は1万3700件。本管分離部の整備か所は4400件を予定。管径は13mm、20mm、25mm。
 工事対象は各区ごとにエリアを設定し、指名競争入札で5月ごろ発注が予定されている。
 鉛管の更新工事は、15年度からスタート。22年度の整備完了を目指す。
 事業費は材料費など合わせて15億2385万4000円。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野