業界記事

上期に発注/第2分団詰所新築

2005-03-15

 渋川市行政課は、新年度新規事業として第2分団詰所の移転新築工事を予定しており、17年度の当初予算案に1607万4000円を計上している。工事着手については、第2四半期を見込んでいる。
 同詰所は昭和41年に完成。現在までに40年近くが経過しており、老朽化を余儀なくされた。また、詰所が同市街地の中心部に数多く点在、さらに敷地が借地ということと同市の第4次総合計画でも示されているなどの目的から計画。
 建設場所や具体的な規模に関しては未定だが、今年度に行幸田地区の豊秋公民館の西側へ建設された第6分団詰所と同じ構造、規模となりそうだ。既存の第2分団詰所は、並木町の信号の東側に位置しており、敷地面積115・04㎡。軽量ブロック造(一部W造)2階建て延べ床面積71・8㎡となっている。
 工事に先立つ設計は、直営で行った。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野