業界記事

1-2号線に7360万円/17年度の配水管布設

2005-03-15

 ひたちなか市はこのほど、17年度水道事業に伴う配水管布設工事の概要を明らかにした。それによる工事件数は、幹線や鋼管、消火栓設置も含めた計33件で、工事総額は7億7177万5000円を盛り込む見通し。
 主なものとして幹線では、市道1-2号線の配水幹線布設工事費に7360万円を計上して、今年度に引き続き、延長500m(口径600mm)を整備するほか、国道6号の鋼管布設替えとして、延長600m(口径100mm)の工事費に3470万円を試算。
 一般の配水管布設では、津田地内の延長1450m(口径75~300mm)をはじめ、佐和地内の延長400m(口径75m)、市毛地内の延長300m(口径75mm)など、28件の工事を発注していく方針だ。
 このほか舗装復旧事業として、高場地内の舗装復旧工事(4000㎡)や延長1960mの受託配水管布設工事(口径75~150mm)、消火栓設置工事(56栓)などを行う予定。
 主な工事箇所と予算額の詳細は次の通り。
【配水幹線布設事業】
◆市道1-2号線配水幹線布設工事(φ600、L500m)=7360万円
【一般配水管布設替事業(鋼管布設替)】
◆国道6号線内配水管布設替工事(φ100、L600m)=3470万円
【一般配水管布設事業】
◆津田地内配水管布設工事(φ75~300、L1450m)=7860万円
◆佐和地内配水管布設工事(φ75、L400m)=1470万円
◆市毛地内配水管布設工事(φ75、L300m)=1130万円
◆高野地内配水管布設工事(φ75~100、L1350m)=5020万円
◆武田土区内配水管布設工事(φ150、L100m)=360万円
◆馬渡地内配水管布設工事(φ75、L300m)=1110万円
◆足崎地内配水管布設工事(φ75~150、L1350m)=5410万円
◆高野地内配水管布設工事(φ100~150、L800m)=3290万円
◆稲田地内配水管布設工事(φ75~150、L1700m)=6650万円
◆三反田地内配水管布設工事(φ100~200、L500m)=2090万円
◆共栄町地内配水管布設工事(φ75、L350m)=1290万円
◆大成町地内配水管布設工事(φ75、L300m)=1120万円
◆笹野町3丁目地内配水管布設工事(φ75、L200m)=740万円
◆大平3丁目地内配水管布設工事(φ75~100、L550m)=2080万円
◆中根地内配水管布設工事(φ100、L150m)=570万円
◆東大島3丁目地内配水管布設工事(φ75、L600m)=2210万円
◆堀口地内配水管布設工事(φ100、L550m)=2080万円
◆阿字ケ浦町地内配水管布設工事(φ100、L350m)=1290万円
◆磯崎町地内配水管布設工事(φ75、L200m)=740万円
◆磯崎町地内配水管布設工事(φ200、L200m)=740万円
◆湊中原地内配水管布設工事(φ75、L200m)=740万円
◆道メキ地内配水管布設工事(φ75、L300m)=1110万円
◆和田町2丁目地内配水管布設工事(φ75、L100m)=370万円
◆山ノ上町地内配水管布設工事(φ75、L400m)=1480万円
◆湊本町地内配水管布設工事(φ100、L400m)=1640万円
◆浅井内地内配水管布設工事(φ75、L200m)=740万円
◆洞下町地内配水管布設工事(φ75、L450m)=1660万円
◆区画整理地内配水管布設工事(φ75~150、L590m)=1850万円
【舗装復旧事業】
◆高場地内舗装復旧工事(W4000㎡)=1100万円
【受託配水管布設事業】
◆受託配水管布設工事(φ75~150、L1960m)=6615万1000円
【消火栓設置事業】
◆消火栓設置工事(56栓)=1792万4000円

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野