業界記事

特環公下で2億繰越/最終補正一般会計は4億5645万円減額

2005-03-15

 常陸太田市はこのほど、平成16年度の最終補正予算案を公表した。一般会計は4億5645万1000円を減額し、当初からの総額を194億1057万円とする。
 主な内容として、里野宮白羽線の道路整備事業費(1462万円)や、下水道事業特別会計の特定環境保全公共下水道建設事業費(2億50万円)など計7件を繰越分として明許費を設定。
 このほか、継続費では、下水道事業特別会計において、金砂郷水府浄化センター建設事業費(総額13億1099万5000円)の中で、16年度と19年度の年割額を入れ替え。19年度の年割額を、当初予算の1億4480万円から1億9180万円に増額補正し、その分、16年度分を減額する。
 補正予算案や継続費、繰越明許費、債務負担行為の補正額は次のとおり。
【補正予算案】
◆心身障害者福祉センター・修繕=22万9000円
◆農業振興・大豆プラント等整備事業費補助=270万9000円
【継続費・年割額変更】
◆下水道事業特別会計・金砂郷水府浄化センター建設事業=総額13億1099万5000円(16年度が1億7719万5000円、17年度が3億9300万円、18年度が5億4900万円、19年度が1億9180万円)
【繰越明許費】
◆広域営農団地農道整備事業=418万1000円
◆里野宮白羽線道路整備事業=1462万円
◆西河内幹線道路整備事業=2260万円
◆亀作田崎中通線道路整備事業=433万円
◆大草線道路整備事業=1353万円
◆街なみ環境整備事業=699万4000円
◆下水道事業特別会計
◇那珂久慈流域下水道建設工事費負担金=131万3000円
◇特定環境保全公共下水道建設事業=2億50万円
【債務負担行為補正】
◆庁舎夜間警備業務(H17年度)=603万8000円
◆金砂郷支所庁舎警備業務(H17年度)=577万5000円
◆総合福祉会館常駐警備業務(H17年度)=714万円
◆交流センターふじ夜間警備業務(H17年度)=260万円
◆郷土資料館夜間警備業務(H17年度)=420万円

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野