業界記事

実施設計に1.2億円/三郷浄水場の高度処理

2005-03-14

 県企業局は11日、県議会環境防災農林常任委員会で「17年度公営企業予算概要」を公表した。新三郷浄水場高度浄水処理実施設計に1億2000万円が目玉事業になっている。
 事業別に見ると、電気は滝沢発電所建設事業で機械電気設備工事と建屋新築工事に1億6142万円余、負担金6364万円余、工事施工監理業務委託費450万円を盛り込んでいる。
 そのほか、玉淀ダムで主ゲート改修工事、システム改修工事、大洞配電線系統変更工事などの水力発電整備に2億4597万円余、さらには大洞第2送電線系統変更工事に3076万円余を予算化。
 工業用水道のうち資本的支出では、柿木浄水場横流式沈でん池機械・電気設備工事などに2億609万円余、大久保浄水場汚泥調整池返送ポンプ更新などに180万円余を設定。
 水道用水供給は、収益的支出に委託費19億3301万円余、修繕15億8001万円余、負担金26億5681万円余、受託工事4887万円余など。
 資本的支出では、八ッ場ダム整備負担金などに65億679万円余、大久保浄水場沈砂池設備工事に17億4226万円余、杉戸第三支線、寄居第2支線などの送水施設整備工事に4億2657万円などが目立つ。
 また、新三郷浄水場高度浄水処理施設実施設計業務委託に1億2000万円を盛り込んでいる。
 浄水場ごとに見ると、大久保はさいたま片柳線送水管移設工事と西部系送水管路制水弁設置工事に6億7475万円余、庄和は、ろ過池逆洗弁更新工事と岩槻系送水管路制水弁設置工事に1億226万円。行田においては監視制御システム更新工事と、ろ過池設備改良電気工事に15億8879万円。
 新三郷は本館蓄電池更新工事に6784万円、水質管理センターは分析機器整備に2460万円。
 地域整備事業に関しては、妻沼西部工業団地で確定測量・埋蔵文化財などに5193万円、公園整備と植栽に1億4790万円。
 羽生下川崎産業団地造成事業は、公園設計と道路実施設計、雑草刈払いに3959万円、負担金1億1550万円、幹線道路築造工事費3億8600万円など。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野