業界記事

航空隊庁舎の着工へ/県警察本部新年度重点事業/駐在所4箇所に2億円など

2005-03-11

 県警察本部は、平成17年度に予定する重点事業の概要を県議会に説明した。17年度当初予算案は602億4331万7000円で、16年度と比べて1・2%増。予算案のうち物件費は126億135万5000円(1・8%減)となっている。
 重点施策では、百里飛行場民間共用化に伴い小川町へ移転を計画している航空隊庁舎(県警ヘリポート)の整備費に4億233万8000円を計上。敷地購入費(2万1508㎡)、建物(1418㎡)の建設工事費を盛り込んでいる。
 その他、交通安全施設整備費(信号機新設102基、道路標識・標示、調査費等に12億7313万3000円、駐在所等建設整備費(交番の新設2箇所、移転建て替え2箇所)に2億930万7000円を予算化している。
 17年度の主な重点施策の概要は次のとおり。
【県民を守る治安体制の整備】
◆警察車両整備費(四輪車64台、二輪車11台、原付自転車58台、リサイクル料等)=2億1366万1000円
◆装備維持管理費(機材=耐刃防護衣460着等、車両等維持管理)=3億2073万6000円
◆航空隊庁舎建設整備費(敷地購入2万1508㎡、建設工事2か年次業の1年次、建物1418㎡)=4億233万8000円
◆警察官待機宿舎建設費(牛久地区、1棟20戸)=3億7966万4000円
◆駐在所等建設整備費(交番4箇所)=2億930万7000円
◆警察情報化推進費(電子申請・届出業務システム整備、電子入札システム設計等)=1億1265万7000円
◆警察運営強化費(警察移動通信システム整備。守谷トンネル、つくば駅無線設備)=921万9000円
【安全で快適な交通社会づくり】
◆特定交通安全施設整備費(あんしん歩行エリア対策4箇所、日立サブセンター更新、信号機改良等)=7億6565万4000円
◆交通安全施設整備費(信号機新設102基、道路標識・標示、調査費等)=12億7313万3000円
【安全な地域社会づくり】
◆災害対策費(原子力災害警備訓練機材=防護服、吸収缶。放射線測定機器点検等)=946万6000円

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野