業界記事

837号線拡幅に着手/倉松川水管橋は診断費/17年度当初予算案

2005-03-10

 杉戸町(小川伊七町長)は、17年度当初予算案を公表した。一般会計は110億円で前年度に比べ14・5%の減額。このうち普通建設事業費は10億1820万9000円。主なものでは、PFI手法により進めている仮称・生涯学習センター整備に合わせて、町道837号線改良事業に3947万円を盛り込んだ。
 同事業は、センター敷地に隣接する町道の改良工事。拡幅延長150m、拡幅幅員10m。場所は杉戸地内。
 また泉学童保育所設置工事には、事業費488万円を計上。7月1日の開所を目指し、上水道工事や畳設置、出入り口設置工事、ガス配管工事、空調工事などを行う。
 主な特別および事業会計は、公共下水道が8億4533万7000円で対前年度比18・8%の減額。工事関連は、市街地公共下水道事業の本工事費6048万円、単独管3150万、舗装本復旧費2027万4000円など。
 水道は、18億850万3000円、同40・5%増。現在進めている第1配水場改修工事費のほか、石綿セメント管更新工事費3490万円、配水管布設工事費4125万9000円、倉松川水管橋耐震診断・設計委託費535万5000円。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野