業界記事

17年度当初予算案/学校耐震や道路等を

2005-03-10

 諏訪郡原村の17年度当初予算案は、一般会計が前年度比10・2%減で32億6700万円。普通建設事業費は同比67・8%減の1億5973万円となっている。中学校の耐震診断や補修工事、道路新設改良、農地基盤整備促進事業などに予算を設定している。下水道特別会計は同比4億5380万円。水道事業の資本的支出は3087万円としている。
 学校施設は、中学校特別教室棟・図書館棟・給食棟の耐震診断に376万円。小学校教室棟の改修設計には677万円を、給食棟実施設計には401万円を計上。中学校教室棟補修の設計は98万円、工事には1212万円を盛り込んでいる。小学校ではこのほかトイレ改修や外部コンセント増設を、中学校ではブロンズ石台工事を予定。
 道路新設改良は室内地区の村道4150号線に1200万円の工事費を計上。南原の南原御射山線には300万円を設定。交通安全対策は道路区画線等、滑り止め舗装、横断歩道設置関連、カーブミラー設置、警戒標識設置などを予定している。
 農地関連では、中島地区(室内)基盤整備促進事業の工事に2500万円。深山農村公園の防球ネット・東屋等設置工事には2066万円を計上している。ほかに大久保揚水機場地区・弓振1号ファームポンド地区・柳沢2号揚水機地区の土地改良施設維持管理適正化工事や柏木・三カ村汐地区・御射山水路地区・大山祇神社水路地区の農業基盤整備工事に予算を盛り込んでいる。
 中央高原樅の木荘ではトイレ改修、ダムウェーダ補修、もみの湯手摺取付に予算を計上。
 下水道単独事業は、管渠整備に工事費を計上。払沢地区は390万円、中新田地区は300万円としている。水道は室内地区の石綿管布設替工事には827万円、払沢地区の同工事には364万円。室内地区配水管布設替工事には210万円、第三水源水中ポンプ入替工事には342万円、減圧弁取替工事には126万円を盛り込んだ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野