業界記事

1期残りは14画地/桜の郷みなみ台分譲状況

2005-03-10

 県保健福祉部は、やさしさのまち「桜の郷」(茨城町)の整備状況を県議会に報告した。住宅地「桜の郷みなみ台」の分譲状況は2月28日現在、第1期分譲の60画地に対して4分の3にあたる46画地の申し込みを受け、残りは14画地となっている。
 第1期60画地は、3次に分けて分譲。第1次では13画地すべてを分譲し、第2次では29画地のうち18画地、第3次では18画地のうち15画地の申し込みがあった。また、昨年10月にモニター住宅11棟が完成している。
 今後の販売強化策では、地元不動産事業者などを活用するための仲介手数料の導入や、県外などの新規立地企業が持家制度として桜の郷を活用する場合の協力金などを計画している。
 その他の施設では、水戸医療センター(移転)、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設は昨年秋に完成。県営住宅は、全体計画6棟104戸のうち1棟24戸が完成・入居しており、続いて今月末までに2棟32戸が竣工の予定。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野