業界記事

田彦小学校でプレハブ借上/当初予算案/継続費と債務負担行為概要

2005-03-10

 ひたちなか市はこのほど、平成17年度当初予算案における継続費と債務負担行為の概要を公表した。このうち工事関連で債務負担行為を行うものは、田彦小学校のプレハブ校舎借上や高場雨水1号幹線整備事業などの計6件。継続費に関しては、上坪浄水場・汚泥脱水機等設備更新工事の1件で年割額を設定する方針。
 債務負担行為のうち、田彦小のプレハブ校舎借上は、児童数の増加による教室不足に対応するため、S造2階建て延べ647㎡の普通教室4教室および図工室1室のプレハブを整備するもの。
 17~27年度までの10年間で、リース及び買い取りを行うため、債務負担行為として1億2001万円を設定した。
 一方、継続費では、水道事業会計において上坪浄水場の汚泥脱水機等設備更新工事費(総額4億267万5000円)の17年度分として3億763万9000円を設定する見通し。
 なお、継続費と債務負担行為の詳細は次のとおり。
 《継続費》
◆水道事業会計・上坪浄水場汚泥脱水機等設備更新工事(総額4億267万5000円)=17年度(3億763万9000円)
 《債務負担行為》
◆田彦小学校プレハブ校舎借上事業(H17~27年度まで)=限度額1億2001万円
◆文化会館機器借上事業(H17~27年度まで)=限度額4982万円
◆公共下水道事業特別会計
◇高場雨水1号幹線整備事業(H17~18年度まで)=限度額4億円
◇湊1号雨水幹線整備事業(H17~18年度まで)=限度額2億3000万円
◆水道事業会計
◇十三奉行配水場ろ過機賃貸借(H17~18年度まで)=126万円
◇漏水修理待機委託業務(H17~18年度まで)=683万8000円

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野