業界記事

電子入札を実施/林野庁で初

2005-03-10

 群馬森林管理署は9日、林野庁としては全国で初めてとなる電子入札(コアシステム)を執行した。
 同署では、電子入札への移行へ向け昨年10月に実証実験を行うなどの準備を進めてきた。
 今回の対象は、2件の工事入札で指名通知から入札受付票、入札締切通知書の発行などの業務をインターネット上で実施した。
 1件目は午前10時10分に開札され、初めてということもあり、メーカー立ち会いのもと、同署関係者が見守る中で杉山隆志署長がマニュアルの手順にそって操作を実施=写真。
 無事に落札者が決定し、その結果を応札業者へメール送信し、一連の作業は15分ほどで終了。
 杉山署長は「思っていたよりもスムーズにできた。慣れてくればもう少し短縮できるのでは」と、ほっとした様子を見せていた。
 同署及び関東森林管理局本局では、新年度から電子入札の全面的に導入を予定しており、18年度からは関東森林管理局管内のすべての管理署でも電子入札に切り換える。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野