業界記事

日進駅橋上化/17年度に基本設計/南北駅広、アクセス道も/都市局

2005-03-09

 さいたま市都市局は、JR川越線日進駅の北口開設に伴う駅舎の橋上化と、南北に整備する駅前広場およびアクセス道路の基本設計業務を17年度に着手する。橋上化については現在、協議を進めているJRとの覚書締結後に委託。広場に関しては、南北広場と道路などを一括し、追って市から発注される。18年度には各施設の実施設計に着手し、19~20年度で整備を行い、21年度の全施設完成を目指す。同駅周辺は、3地区でまちづくり事業が進められており、地区の重要拠点に位置付けられることになる。
 日進駅周辺地区は、旧大宮市が策定した都市マスタープランに位置づけられた北部拠点地区の一部。駅北側住民からは北口の開設が以前から要望されており、駅舎を橋上化して、広場などを一体的に整備しようと、地権者と協議を進めていた。
 駅前広場面積は、「コンパクトで実現可能な整備」を基本に、南口が1700㎡、北口2000㎡で計画。両口ともタクシープールを設け、北口にはバスバースを配置する。
 アクセス道路は、荒川左岸道路と西郵便局通りを結ぶ幅員5・5mの既存道路を12mに拡幅、道路南側に4・5mの歩道を設ける。
 基本設計はまず、覚書を交わすJRに駅舎部分の業務を委託。階段や橋脚などの位置を確認した上で、南北両駅前広場の設計に入る。
 18年度には詳細設計、不動産鑑定、家屋調査などを行いながら、並行して用地取得交渉を進めていくことになる。
 広場機能整備に関しては、南北両口の地元組織が協力し「日進駅の橋上化と駅前広場並びに駅周辺整備を実現する会」を昨年2月に設置。駅前広場に関する整備構想案は近くまとまる。
 工事は、19年春の開業を目指す日進-指扇間の新駅設置事業が優先されていることから、日進駅は最短で同年度の着工が見込まれる。
 日進駅周辺は、駅南地区24ha、駅北地区26ha、北地区東側の工業専用地区19haを対象に、まちづくり計画が進められており、工業専用地区については、大成建設、カルソニックカンセイ、白石、大宮通運の4企業による組合施行で、日進東土地区画整理事業を計画。今月末には都市計画決定し、今年夏ごろの事業認可が見込まれている。
 土地利用計画は、就業機会の確保、地域に密着した施設の設置など。地区内には小学校を新設する方針も固まっている。
 また、駅南北地区については、広場周辺整備着手後、それぞれ地権者らとともに検討作業に入る。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野