業界記事

給食センターで継続費/新年度予算案ト伝の郷に2・9億円

2005-03-09

 鹿嶋市(内田俊郎市長)は、平成17年度当初予算案を7日から開会した第1回市議会定例会に提出した。一般会計は187億7500万円で、前年度比6・3%の減。16年度当初の減税補てん債を除いた実質的予算でも同比0・8%の微減となった。主な新規事業は、学校給食センター建設事業で17・18年度の継続費9億7665万円を設定。ト伝の郷運動公園多目的球技場整備事業2億9055万円、庁舎増改築整備事業1億270万円のほか、大野南幼稚園増改築事業、市営住宅整備事業(3期工事)を盛り込んだ。特別会計では、公共下水道事業で管渠整備工事に4億5100万円、農業集落排水事業は爪木地区の処理場建設工事に1億7660万円を計上した。
 一般会計の歳出をみると、し尿処理施設や市営住宅などの建設費の減少により、投資的経費は前年度比18・5%の18億6100万円。目的別では、総務費が庁舎増築事業などで前年度比17・4%増、教育費はト伝の郷運動公園多目的球技場改修や大野南幼稚園の増改築、学校給食センター建設などに伴い同比7・0%増の伸び。土木費は、市営住宅建設費の減少などで逆に同比6・7%減少した。
 主要事業では、新規事業で学校給食センター建設に17・18年度の2か年事業で着手する。
 今予算には、継続費9億7665万円(17年度2401万9000円・18年度9億5264万円)を設定したほか、工事請負費として2401万9000円を計上した。
 建設予定地は、鹿島神宮駅北土地区画整理事業地内の敷地面積4652㎡。
 17年度は、用地取得を進めるとともに、建築工事も含めた実施設計をプロポーザル方式を導入し業者を選定。6月頃にも提案書の提出を受け付け、早ければ9月末頃から策定業務に着手する見込みだ。
 ト伝の郷運動公園の多目的球技場整備事業では、現在の天然芝を人工芝へ張り替えるほか、照明8基の整備、管理棟の改修工事などを予定している。
 17年度の単年度事業で整備を進めるため、工事費など2億9055万円を予算化した。
 庁舎増改築整備事業では、総合窓口の開設などに伴い庁舎内が手狭となるため、第2庁舎3階部分・延床約400㎡を増改築し、会議室・事務スペースを確保する。
 設計は、16年度に(株)巧建築研究室が策定。工事は、17年度単年度で実施するため、工事費等に1億270万円を計上した。
 このほか、継続事業では大野南幼稚園増改築事業に8980万7000円を計上した。
 工事は、17年度の単年度で実施し、平成18年4月の開所を目指す。増改築の規模は、延べ約400㎡程度。設計は、16年度に(株)東建設計(東京都)で策定した。
 市営平井団地整備事業は、17・18年度の2か年継続で3期工事・3号棟の建設工事に着手する。
 設計監理委託及び建設工事など合わせて9148万3000円を計上。2か年の継続費として総額2億5924万円(17年度9148万3000円・18年度1億6775万7000円)を設定した。
 生活道路の整備では、市道0151号線(武井釜・武井線)の改良舗装工事・測量委託に2300万円、市道0155号線(角折・棚木線)の改良舗装工事・用地補償に3457万円、市道0158号線の改良・水路改修・測量委託に8030万円、大野環境整備特別対策事業の排水整備工事、設計・測量委託に2億円とした。
 一方、特別会計では、農業集落排水事業が2億5798万円で、前年度比242・8%の大幅増。爪木地区で処理場建設工事に17・18年度の2か年で着手するため、継続費3億476万4000円(17年度1億8396万8000円・18年度1億2079万6000円)を設定し、工事費1億7660万円を計上した。
 公共下水道事業は、15億9780万5000円で、前年度比3・9%増。17年度も管渠整備工事を継続、工事費に4億5100万円を充てた。
 水道事業の資本的支出は、鹿島区域が5億2057万円で前年度比5・3%増。大野区域が3億870万4000円で同比23・6%増の伸び。大野区域では、配水場整備及び配水管布設工事を実施する。
 鹿嶋市17年度当初予算案の主な事業は次のとおり。
【多様なスポーツニーズに対応した施設の整備】
◆〈新〉ト伝の郷運動公園多目的球技場整備事業(多目的球技場の人工芝化、照明整備)=2億9055万円(スポーツ推進室)
【効率的かつ効果的な学校給食体制の整備】
◆〈新〉学校給食センター建設事業(老朽化に伴う移転改築、用地取得・実施設計)=4621万3000円(学校教育課)
【幼稚園の適正配置と施設の整備】
◆大野南幼稚園増築事業(大野地区幼稚園の統廃合に向けた増改築)=8980万7000円(学校教育課)
【健康増進施設の整備検討】
◆〈新〉健康いきいきセンター整備事業(施設建設に係る調査)=300万円(介護長寿課)
【公営住宅の整備】
◆市営住宅整備事業(3期工事、市営平井団地の整備、監理委託・建設工事、平成17~18年度)=9148万3000円(建築管理課)
【地域との交流を育む環境整備】
◆いきいきふれあいプラザ管理(施設管理委託等)=206万8000円(こども福祉課)
【生活道路の整備】
◆地域総合整備事業債道路整備事業
◇0151号線地域総合事業債道路整備事業(道路改良舗装工事、測量委託)=2300万円(道路整備課)
◇0155号線地域総合整備事業債道路整備事業(道路改良舗装工事、用地取得、移転補償)=3457万1000円(道路整備課、用地管理課)
◇0158号線地域総合整備事業債道路整備事業(道路改良、水路改修工事、測量委託)=8030万円(道路整備課)
◆大野環境整備特別対策事業(排水整備工事、設計・測量委託)=2億5万円(道路整備課)
【防災対策体制の整備】
◆災害対策(大野区域気象観測装置設置等)=1057万6000円(交通防災課)
【防災と防火意識の高揚】
◆防災訓練(訓練用消耗品購入等)=70万9000円(交通防災課)
【市民活動の育成支援】
◆桜の故郷づくり事業(樹木管理委託、測量委託、支柱・苗木購入)=134万円(みどり推進課)
【遊休農地の活用】
◆〈新〉遊休農地活用事業(遊休農地条件整備委託、活用作付栽培委託)=108万4000円(農林水産課)
【観光イベントの充実】
◆観光行事(イルミネーション設置委託等)=1263万2000円(商工観光課)
【効率的な窓口サービスの確立】
◆〈新〉庁舎増改築整備事業(総合窓口開設等に伴う第2庁舎3階部分の増築及び改修工事)=1億270万円(総務課)
◆〈新〉総合窓口開設(開設に伴う準備、備品整備・電算整備等)=1054万1000円(総務課、人事課、市民課)
【文化芸術意識の高揚】
◆〈新〉市制10周年記念事業(合併記念式典等)=2399万8000円(秘書公聴課、まちづくり推進課、生涯学習課、スポーツ推進室)
【協働型まちづくりの推進】
◆市民参加のまちづくり事業(市民憲章記念碑建立工事ほか)=431万9000円(まちづくり推進課)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野