業界記事

17年度予算/普通建設事業費は101億/消防本部庁舎建設で設計/新穂小校舎改築

2005-03-05

 佐渡市の新年度当初予算案が明らかになった。それによると、一般会計の総額は前年度当初予算比6・9%減の498億円。うち普通建設事業費は同22・6%減の101億995万5000円(補助事業42億5297万7000円、単独事業58億5697万8000円)となった。注目事業としては、消防防災施設整備事業で消防本部庁舎の建設に向けた設計委託及び用地購入を実施。また、小学校建設事業では新穂小学校校舎改築工事・二宮小学校校舎増築工事等に着工する。
 主要事業及びその予算額を見ると、環境対策関係では環境基本計画等策定事業に1063万8000円。生活環境測定委託料(河川水質検査、加茂湖水質・低温検査、湊湖岸公園排水路浄化施設水質検査等)に211万9000円。旧ごみ焼却場解体事業には4億8200万円を計上、旧両津ごみ焼却施設撤去解体工事費に3億1000万円、旧真野ごみ焼却施設撤去解体工事費に1億7200万円を投入する。解体事業計画書策定業務(旧両津)は中日本建設コンサルタント(株)、同(旧真野)は(株)中部設計が担当。火葬場施設整備事業には1539万円を計上。内訳は、北田野浦火葬場屋根改修費に109万円、相川斎場・北田野浦火葬場火葬炉耐火物等修繕料に440万円、永安館火葬炉耐火物等修繕料に540万円、三香苑火葬炉耐火物及び屋外煙道交換修繕料に450万円。合併処理浄化槽設置整備事業(142基)には6700万3000円。新エネルギービジョン策定事業には800万円を投入する。
 芸術文化・観光振興関係では、佐渡金山近代化遺産整備事業に850万円。観光施設整備事業(トレッキング案内看板等設置工事)に336万円。
 保健・医療・福祉関係では、赤泊診療所電気・空調設備工事に727万円。老人デイサービスセンター建設事業には369万3000円を投入し、真野地区に建設予定の老人デイサービスセンター(保育園との合築)に係る用地測量及び基本設計を実施する。障害者施設建設事業には1億200万円を計上し、相川地区に知的・精神障害者福祉施設を建設。小木保育所建設事業には1511万8000円。保育所改修事業には5980万2000円を計上。内訳は、北新保保育園屋根改修工事費に1811万3000円、畑野保育園屋根改修・増築工事費に3994万4000円など。
 教育関係では、小学校建設事業に11億2761万8000円を計上。内訳は、二宮小校舎増築工事費(増築規模はRC造2階一部3階建て延べ586㎡、設計は(株)真建築研究所が担当)に2億140万円、新穂小校舎改築工事費(平成17~18年度継続、新施設規模はRC造2階建て延べ約3000㎡、設計は太陽設計(株)が担当)に4億236万円、深浦小体育館改築工事(平成16~17年度継続)に1億9823万5000円、深浦小体育館外構工事(平成16~17年度継続)に3973万円、赤泊小体育館改築工事(平成15~17年度継続)に2億330万5000円など。幼稚園建設事業には3780万5000円を投入、うち小木幼稚園工事費(平成16~17年度継続)に3631万4000円を充てる。伝統的建造物群保存地区保存修理事業には3540万円。佐和田野球場改修工事には4580万円を計上した。
 地域振興関係では、離島体験滞在交流促進事業に1億円を投入、佐渡太鼓体験交流館を建設する。
 道路整備関係(特殊改良第1種事業)では、金井10号線(金井地区、改良・舗装L200m、舗装A4600㎡)に3213万1000円。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野