業界記事

かんがい排水10地区など12月から工事発注

2005-03-04

 さいたま市環境経済局が17年度に予定している農業環境整備事業は、農道舗装5地区、かんがい排水整備工事10地区の工事を12月ごろから着手する。これに伴う設計業務などは8月ごろに委託する。予算総額は1億2035万円。
 農道舗装工事は、砂利舗装地区をアスファルト舗装に整備するもので、整備延長は見沼1、2丁目地区(480m)、大牧地区(300m)、宮後地区(470m)、見沼地区(300m)、大谷地区(130m)。平均幅員は4m。
 また、かんがい排水整備は、素掘り水路への組み立て柵渠設置がメーン。一部老朽化したコンクリート部分の改修も含まれている。
 対象地区と延長は、宮ケ谷塔地区(40m)、中川地区(320m)、二ツ宮地区(220m)。4月に合併する岩槻市区域は、岩槻環境センター地域(460m)、大野島地区(170m)、大口地区(320m)、長宮地区(320m)、釣上新田地区(370m)、大貫地区(180m)と、増長地区(110m)。
 このほか、岩槻市内の笹久保新田用水管の補修整備工事は、老朽化した管の繋ぎ目からの漏水を防止するため、内部をコーティングする。
 さらに、大橋井堰の塗り替え塗装工事も予定されている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野