業界記事

学校給食センター工事費5・3億円盛る/毛呂山町17年度当初予算

2005-03-04

 毛呂山町(小沢信義町長)は3日、17年度当初予算案を公表した。一般会計は86億円で、前年度比7・5%減(7億円減額)。投資的経費は9億1243万3000円で、同比23・3%の伸び率を示した。この大きな要因は、総額5億3971万2000円を盛り込んだ学校給食センター建設事業。単年度で行うため、新年度早々にも一般競争入札を公告する。
 農業集落排水事業特別会計は1億8486万2000円で、6477万9000円の増額。一方、水道事業会計は12億7568万3000円で、4883万3000円の予算規模縮小としている。
 建設関連事業は次のとおり。
【学校給食センター建設事業】
 建設工事費2億6885万1000円、電気設備工事費1億506万6000円、機械設備工事費1億5829万5000円、施工監理委託料750万円を予算化。S造2階建て、延べ床面積約1750㎡規模。基本・実施設計業務は、パシフィックコンサルタンツ北関東支店(さいたま市、電話048-600-2550)が担当、厨房設備の設計は日本調理機が手掛けた。新施設は目白台4-3-1地内、公共用地に移して改築。敷地面積は約5300㎡。3500食対応の施設に仕上げ、オール電化とする
【道路維持】
 工事費6250万円。町道第6・3023号路線舗装修繕(延長200m幅員6m)、町道第3295号路線側溝修繕(延長115m幅員4m)など、舗装修繕2件、側溝修繕5件を計画
【道路新設改良】
 工事費5410万円。町道第11号路線道路改良(延長100m幅員8m)、長瀬・川角地内排水路改修など、側溝新設2件、道路改良3件、排水路改修1件
【教育施設整備】
 光山小校舎耐震1次診断(114万3000円)、毛呂山中校舎耐震1次診断(99万円)、川角中校舎耐震1次診断(107万3000円)を手掛ける。主な工事は毛呂山小公共下水道接続、光山小校舎窓防水修繕、毛呂山中公共下水道接続、同校第1体育館屋根塗装修繕など
【農地工事】
 阿諏訪地内で農道側溝修繕400万円、農道阿諏訪線改良1500万円を計上。長瀬地内では用排水路改良を200万円で実施する

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野