業界記事

3分離で近く指名/大泉高校のセミナー棟

2005-03-05

 県教育委員会管理課は、新年度に予定していた大泉高校にあるセミナーハウスの耐震補強及び大規模改修工事を、近く指名通知する。工事は、建築、電気、機械の3分離で入札執行する。
 事業費は、2月2日付けで知事がゼロ県債として7000万円を専決処分している。
 セミナーハウスは、宿泊研修のための施設として合宿などに使用されている。
 同校に設置するセミナーハウスは、昭和56年の建設。経年により老朽化が進んでいるが、大規模な改修は今回が初めて。施設規模は、RC造2階建て、延べ床面積713㎡。
 今回の整備では、内・外装、屋上防水(シート防水)など、全般にわたってリニューアルする。内部一部で間仕切りの変更や、現在は一部となっている洋式トイレをすべて洋式化する。
 さらに、コンクリートの壁を入れるなどして、耐震補強を施す。設計は、アークプランニング(太田市内ケ島町2091電話0276-49-1181)が作成した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野