業界記事

明治小へ冷暖房設置/吉岡町17年度予算

2005-03-05

 吉岡町(小林稔彦町長)は4日、議会に上程する新年度当初予算案を明らかにした。それによると、一般会計予算総額は、前年度当初予算総額と比較し、1820万円のマイナスとなる47億5780万円を編成したが、普通建設事業費を見ると、前年度額に比べ、18・4%増の7億2880万9000円となった。主な建設関連項目としては、第四保育園施設整備補助金800万円、明治学童保育施設新設調査委託費100万円、明治小学校冷暖房設備工事費1億3179万1000円、駒寄小学校外構工事費2500万円、同小学校西校舎解体工事費3300万円、吉岡中学校耐震補強設計業務委託費800万円などが盛り込まれた。
 主な事業は次の通り。
【第四保育園施設整備補助】
漆原神社北にある第四保育園の分園化を計画しているもので、現在の駐車場スペースに新園舎を新設する。同保育園では、入園の待機園児数が多く、既存園舎では規模的に対応が難しくなっている。新年度には、実施設計及び工事を行う予定で、同保育園を運営している社会福祉法人吉岡会からの発注となる。設計委託については、第2四半期中を目指し、設計終了後に工事に着手する考えだ。新園舎は敷地面積538㎡、S造平屋建て延べ床面積240・14㎡となる見込み。内部には、遊戯室や保育室等の通常の構成のほか、新たに子育て支援センターを併設する。
【明治学童保育施設新設調査委託】
明治小学校の敷地内にある同施設を移転新築するもので、その基本設計業務を行う。同地区には待機児童が多く、現施設では狭隘なため、事業を計画。移転場所に関しては、同小学校近隣の数か所を候補に選定中で、今後も協議を進めていく。新施設では、定員を50人程度と見込んでおり、現在の施設は定員30人となっている。基本設計は第1四半期中に発注、18年度からの工事着手を目指す。
【明治小学校冷暖房設置工事】
北下地内の明治小学校に冷暖房を設置するもので、新年度に設置工事を発注する。発注時期は、国の補助の関係もあるが、7月中を見込んでいる。設計は、亦野建築設計事務所(前橋市下小出町2-9-17電話027-231-9759)が担当した。同小学校の空調設備は現在、一部の特別教室を除いて暖房設備のみとなっている。このため、同町教育委員会では、普通教室を含め全館冷暖房設備設置を計画。空調機器には、エアコンを使用。同小学校の規模は、RC造4階建て、延べ床面積約4300㎡。また、同時に同小学校の外壁補修工事も同時期に行う予定で、当初予算案では、補修工事費として3834万6000円を計上している。
【吉岡中学校耐震補強設計業務委託】
同事業では、15年度に2次診断業務を行い、要補強となったため計画。補強対象は、同小学校を構成している北、南、西校舎のうち、北校舎と西校舎の2棟。南校舎については、昭和57年以降に建築されたため、診断業務を行わなかった。北校舎は、昭和44年に建設。規模はRC造3階建て延べ床面積約3200㎡。一方の西校舎は、昭和56年に建てられ、RC造2階建て延べ床面積約790㎡。具体的な補強箇所や補強方法については、設計の中で決めていくとしているが、委託時期に関しては未定。18年度からの工事着手を目指す考えだ。(6面に主要事業)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野