業界記事

17年度予算への繰越要求一覧/2021箇所で355億円

2005-03-05

 県土木部は、平成16年度予算のうち17年度予算への繰越(課別・原因別)要求一覧をまとめた。土木部全体の繰越額は355億9719万2000円で、繰越箇所数は合計2021箇所。
 そのうち、原因が工事関係によるものは244億920万2000円(1169箇所)、用地関係によるものが111億1261万2000円(850箇所)となっている。
 課別では、最も多いのが道路建設課の140億83万3000円(838箇所)、次いで河川課の51億2109万6000円(335箇所)。
 なお、事業別の繰越明許費設定案件は3月1日付第3面に掲載している。
 課別の繰越予算要求額は次のとおり。
【一般会計】
◆道路建設課=140億83万3000円(838箇所)
 <1>工事関係=85億5274万6000円(393箇所)
 <2>用地関係=54億4808万7000円(445箇所)
◆道路維持課=42億1090万円(446箇所)
 <1>工事関係=27億2397万5000円(203箇所)
 <2>用地関係=14億2628万7000円(242箇所)
 <3>その他=6063万8000円(1箇所)
◆河川課=51億2109万6000円(335箇所)
 <1>工事関係=43億3970万3000円(276箇所)
 <2>用地関係=7億8139万3000円(59箇所)
◆港湾課(すべて工事関係)=12億945万7000円(31箇所)
◆都市整備課=25億5307万2000円
 <1>工事関係=1億4973万7000円(6箇所)
 <2>用地関係=24億333万5000円(8箇所)
◆公園街路課=32億9173万8000円(174箇所)
 <1>工事関係=22億9781万6000円(86箇所)
 <2>用地関係=9億9392万2000円(88箇所)
◆下水道課=9億9140万円(88箇所)
 <1>工事関係=9億9050万円(86箇所)
 <2>用地関係=90万円(2箇所)
◆建築指導課=2878万円(2箇所)
 <1>工事関係=1404万円(1箇所)
 <2>その他=1474万円(1箇所)
【特別会計】
◆港湾事業(港湾課、すべて工事関係)=10億1000万円(30箇所)
◆土地区画整理事業(都市整備課)=3億1442万6000円(15箇所)
 <1>工事関係=3億573万8000円(12箇所)
 <2>用地関係=868万8000円(3箇所)
◆流域下水道事業(下水道課)=28億6549万円(48箇所)
 <1>工事関係=28億1549万円(45箇所)
 <2>用地関係=5000万円(3箇所)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野