業界記事

松田平田設計を特定/総合社会体育館基本設計

2005-03-04

 (仮称)総合社会体育館の建設を計画している笠懸町は、基本設計業務をプロポーザル方式で選定する作業を進めていたが、このほど松田平田設計(東京都港区赤坂1-5-17電話03-3403-6161)を最優秀者に特定したことを明らかにした。
 今後は、基本設計を6月末までの履行期限でまとめ、その後実施設計に着手する方針。また、着工については18年度を予定しているが、来年3月27日に大間々町と勢多東村と合併し「みどり市」となるため、新市で改めて対応する。
 今回の選定にあたり、同社が提案した自然採光を取り入れ、日光を柔らかくすることで、日中でも電気設備等を使用しなくてもスポーツができることや、地熱を利用し通常より約3度程度温かくするなどの環境整備が評価された。
 これまでに1次審査を通過した7者を対象に、2月21日に2次審査としてヒアリングを実施。これを受けて、同月下旬から審査会を行い、このほど最優秀業者の特定に至った。
 基本構想によると、阿左見地内にある総合運動場隣接地、敷地面積1万9000㎡に建設を計画。規模については、S造平屋(一部2階)建て、延べ床面積4500㎡程度を計画。内部は、観客席を確保するため一部2階建てとなる見込み。
 今回プロポに参加したのは、石井設計(前橋市)、勝山工務所(前橋市)、福島建築設計事務所(前橋市)、亦野建築設計事務所(前橋市)、フケタ設計(伊勢崎市)、桂設計(東京都)、松田平田設計(東京都)の7者。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野