業界記事

有力な引き合い複数/「宮の郷工業団地」の立地

2005-03-04

 宮の郷工業団地と緒川工業団地の立地見通しについて、麦島健志県企画部長は1日の県議会で「宮の郷工業団地は現在、有力な引き合いが複数きており、企業の要望に応じた画地の提案や手続きを進めている」と答弁。緒川工業団地の造成では「オーダーメイド方式で実施できると判断した場合を除き、現在の方針を変更して早期に造成に着手するのは難しい」と答弁した。黒部博英議員(自民)の質問に答えた。
 宮の郷工業団地は常陸大宮市と常陸太田市にまたがる総面積90・9haの工業団地。そのうち工場用地は52・2haで、京浜ラムテック(株)が進出しており、県では、さらなる立地促進のため県税の免除やリース制度の導入などを行っている。
 そのため現在、複数の有力な引き合いがきており、地元と協力して立地に向けて努力しているという。
 一方、緒川工業団地は造成を先送りしている。これは、平成10年度の工業団地健全化基本計画に基づく見直しによって、需給バランスが改善するまでは造成を進めないことにしているもの。
 県では現在、県開発公社と合わせて15団地、約340haを分譲中で、需給バランスを考えると分譲中の処分を最優先に進めていく必要がある。
 そのため、立地企業が決まった後に造成を行うオーダーメイド方式で実施できると判断した場合を除き、現在の方針を変更して早期に造成に着手することは難しい、としている。
 また、用地の活用法では、県開発公社の経営状況などを考慮すると、公社が新たな事業を行うことは困難だが、地元などから他の用途に活用したいという要望があれば譲渡などを検討していく。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野