業界記事

200mの用地交渉が難航/県道結城停車場線の整備

2005-03-04

 県道結城停車場線の整備について、1日の県議会一般質問で、坂入健土木部長は「残る約200m区間は用地交渉が難航しており、今後も関係者の協力を得ながら用地取得に努め、事業の早期完成を図っていく」と答弁した。臼井平八郎議員(自民県政)の質問に答えた。
 結城停車場線は、結城駅前のにぎわいを創出するため、平成6年度から街路事業として、結城駅北口広場から300m区間の整備を進めている。そのうち、北口広場から県道結城岩井線交差点まで約100m区間は、結城駅前土地区画整理事業に合わせて整備した。
 残る約200m区間は、駅前で商店街が密集しており、建物の再建用地や駐車場の確保などの問題があり、用地交渉が難航している。
 県では今後、市をはじめとする関係者の理解と協力を得ながら用地取得に努めていく。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野