業界記事

国有林の広域的機能増進に大きく貢献/平成16年度治山・林道優良工事表彰

2005-03-04

 林野庁関東森林管理局は去る2月16日、「平成16年度治山・林道優良工事表彰」を群馬ロイヤルホテルにおいて挙行した。荒木喜一郎局長に代わって出席した村山総務部長は、受賞者の功績に謝意と敬意を表すとともに、「受賞各社の代表者はもとより、社員一人ひとりの方々へ感謝申し上げます。皆様は私どものパートナーであり、今後も施工技術、品質管理等に自己研鑽していただき、良い仕事を続けてもらいたい」と祝意を伝えた。また、同管理局の旧東京分局管内の表彰は2月18日に都内で行われた。
 局長表彰は、林野庁の治山・林道工事コンクールの一環として実施。審査対象工事は、前年度に施工した工事のうち、治山工事は2000万円以上のコンクリートダム、鋼製ダム(谷止め、床固含む)並びに1500万円以上の山腹工。また、林道工事は1500万円以上の新設、格上げ改良工事。
 今年度の表彰式は、旧関東森林局管内と旧東京分局に分けて実施。両局あわせて17件の工事が優良工事として選定され、このうち4件が最高峰の林野庁長官賞を射止めた。
 旧関東森林局管内の式典は、社団法人前橋林業土木協会の第40回通常総会に続いて行われ、荒木喜一郎局長の代理として村山啓一総務部長があいさつに立ち、通常総会が無事終了したことへ祝いの言葉を寄せた後、「会員の皆様には、当森林管理局の各署が実施する森林土木事業をはじめ、各種事業に御協力をいただいており、厚く御礼申し上げます。さて、この場は平成15年度施工の治山、林道工事の優良工事表彰を行いますが、すでに林野庁長官賞については2社が栄誉を受け、改めてお祝い申し上げます。関東森林管理局長表彰は、後ほど治山4社、林道3社を表彰させていただきますが、受賞者の皆様には心からお祝いと感謝を申し上げます」と賛辞を贈った。
 続けて、「皆様には、すでにご案内の通り国有林は従来の木材生産から、国土保全、水資源の涵養、そして地球温暖化防止対策など、広域的機能の増進を旨とする経営へと変わってきています。皆様に担当していただいている治山、林道は、私達が進める広域的機能の維持増進へ、極めて重要な仕事をしていただいています。私達に代わって森林土木工事を施工していただいているわけで、いわば私どものパートナーと認識しています。これから先も、施工技術、管理技術に研鑽いただき、良い仕事をお願いします。また、昨年の中越地震の災害復旧について県からの依頼を受け、私達が民有林の直轄治山事業を4月以降実施することになりました。今、着々と準備を進めており、皆様方のお力をお借りすることになるので、宜しくお願いします」と、結んだ。
 この後、村山部長から受賞7社の代表者へ表彰状が授与され、さらに前橋林業土木協会の渡辺勇雄会長からも受賞者全員に記念品が贈呈となった。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野