業界記事

19年度から3か年で実施へ/下水道緊急改善計画

2005-03-02

 第5回甲府市下水道市民懇話会(平山公明委員長)は1日、水道局庁舎で開き合流式下水道改善緊急改善計画案を説明した。市では、これまでの懇話会で出された意見を付記し今月中に国交省に同計画案を提出し、平成19年度から3か年で3億8500万円を見込み緊急改善対策を実施していく。
 同緊急対策は、東小学校付近の熊野神社前の都市計画道路にφ1650mm、延長470mの遮集管を敷設するもので、平成19年度の設計委託と同20年度から2か年での整備を予定する。事業費内訳は、設計費3500万円、管敷設工事費3億5000万円。
 また、10年間程度を想定する長期計画としては、東部浄化センターに降雨時に下水を一時的に貯める貯留(滞水池)施設を5000t規模で地下に建設、地上部を駐車場やテニスコートとして整備していくことにしている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野