業界記事

空き店舗支援で/3者を特定

2005-03-02

 高崎市が昨年度からスタートさせた「商業者空き店舗活用支援事業」の審査会が開催され、3件の補助事業が決定した。応募数は昨年度より2件増え、7件だった。
 今回決定となった3者は、「遊林庵」(広瀬雅美代表)、「自然工房 花」(浅見早苗代表)、「Honest hair」(山田由美子代表)。
 審査は、透明性と公平性を確保するため商店街組合や出店者等に利害関係のない第三者で構成された5人の審査員で合議のうえ採択された。補助金額は、事業費の3分の1以内かつ上限100万円となっている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野