業界記事

輸入額1兆円超える/昨年の県貿易概況を公表/横浜税関鹿島税関支署

2005-03-02

 横浜税関鹿島税関支署は、平成16年の茨城県の貿易概況をまとめた。輸出貿易額は5097億円で前年比10・3%増と2年連続の増加。輸入貿易額は1兆244億円で前年比12%増と5年連続の増加。輸入額は初めて1兆円を超え、過去最高となった。
 概況は次のとおり。
【主要輸出品目】
 増加したのは、鉄鋼(1576億円、前年比24%増)、有機化合物(543億円、50・6%増)、建設用・鉱山用機械(362億円、8・4%増)、プラスチック(309億円、27・4%増)。半導体等電子部品(437億円、4・8%減)は減少した。
【主要輸入品目】
 増加したのは、原油・粗油(2345億円、0・3%増)、自動車(1337億円、14・5%増)、半導体等電子部品(1037億円、9・6%増)、石油製品(896億円、23・6%増)、穀物・同調製品(686億円、15・4%増)。
【主要輸出国別品目】
 中国向けは総額858億円で前年比18・2%増。主要品目では荷役機械(69億円、38・8%減)、原動機(34億円、24・1%減)は減少したが、有機化合物(219億円、88・8%増)、鉄鋼(202億円、17・7%増)、プラスチック(159億円、33・8%)は増加した。
 韓国向けは総額858億円で28・1%増。鉄鋼(531億円、32・7%増)、半導体等電子部品(131億円、12・8%増)、有機化合物(34億円、16・4%増)が増加した。
 米国向けは総額678億円で1・6%増。建設用・鉱山用機械(183億円、25・2%増)、荷役機械(76億円、69・3%増)、鉄鋼(62億円、72・7%増)、自動車(41億円、3倍)は増加した。
【主要輸入国別品目】
 米国からは総額2194億円で3・2%増。穀物・同調製品(587億円、18・8%増)、放射性元素(375億円、1・3%増)、大豆(216億円、37・5%増)が増加した。
 ドイツからは総額1229億円で9・2%増。自動車(1102億円、7・5%増)、半導体等電子部品(95億円、67・1%増)が増加した。
 アラブ首長国連邦からは総額1020億円で17%増。原油・粗油(787億円、32・9%増)、石油製品(187億円、25・3%増)が増加した。
【外国貿易船入港隻数】
 鹿島港、日立港、常陸那珂港の合計入港隻数は2578隻と前年と比べ57隻(2・3%)増加した。内訳は、鹿島港2081隻(53隻増)、日立港245隻(8隻増)、常陸那珂港252隻(4隻減)。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野