業界記事

新市街地検討地域で調査/生涯学習村地域活性化も予算化

2005-03-01

 松伏町(千代忠央町長)は、17年度当初予算案を公表した。一般会計は71億3800万円で対前年度比7%の減額。このうち普通建設事業費は4億3423万9000円。特別会計を含めた総額は124億7103万4000円、同2・2%の減額。主なものでは、新市街地検討地域調査事業を新規計上し、新市街地建設計画策定に向けた調査を実施する。
 また農業をはじめ、文化・福祉・教育・環境・産業・観光などの分野における諸活動が可能となる生涯学習村構想では、新たに生涯学習村地域活性化戦略策定へ予算を盛り込んだ。
 工事関連は、かんがい排水路整備工事費2720万円、広域農道緊急整備工事費1000万円、町道舗装指定修繕工事費1390万円、側溝新設工事費1340万円など。
 主な特別会計は、公共下水道事業が6億5058万1000円で対前年度に比べ5・4%の増額。公共下水道費に委託費1589万円、工事費8552万5000円を計上し、上河原八反地区の整備を推進する。農業集落排水事業は、2397万4000円、同5・6%の減額。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野