業界記事

豊田下駒木線に1・5億/17年度の投資的経費概要

2005-03-01

 北茨城市は、このほど定例議会で可決された平成17年度当初予算の投資的経費概要を明らかにした。
 主なものとして、漁業歴史資料館体験研修棟の建設を行う都市漁村総合交流施設整備事業費9600万円をはじめ、関田粟野線などの道路新設改良事業費3083万8000円、豊田・下駒木線の街路改良事業費1億5775万8000円などを盛り込んでいる。
 各項目における投資的経費の概要は次のとおり。
【総務費】
◆庁舎防水塗装工事(RF289・5㎡)=327万円
◆公共下水道接続工事(市庁舎におけるL247・5㎡の下水道接続)=1400万円
【衛生費】
◆浄化槽設置整備事業費補助=4487万7000円
◆公共下水道接続工事(やすらぎ聖苑の下水道接続)=248万9000円
◆清掃センター施設整備(後燃ストーカ整備が1000万円、炉内修繕が1000万円)=2000万円
【農林水産業費】
◆県北東部広域農道整備事業負担金(S61~H22、債務負担行為)=6418万5000円
◆土地改良事業(県単、かんがい排水整備[日棚地区ほか22箇所]、農道整備[石岡地区ほか5箇所])=4540万円
◆土地改良事業(市単、用排水路・道路改良等)=693万8000円
◆農村振興整備事業負担金=3937万5000円
◆関南地区県営一般農道整備事業負担金=1150万円
◆神岡上地区土地改良事業負担金=315万円
◆平袖地区ふるさと農道緊急整備事業負担金=1575万円
◆中郷地区農免道路整備事業負担金=2388万9000円
◆鉱害対策事業(浅所陥没応急工事)=315万円
◆水田農業経営確立条件整備特別対策推進事業(暗渠排水整備)=40万円
◆林道改良事業(県単、茜平・浄蓮寺線改良)=8205万円
◆都市漁村総合交流施設整備事業(漁業歴史資料館体験研修棟、伝習場169㎡、調理実習棟162㎡)=9600万円
◆漁港修築事業負担金(大津[係留ほか]5880万円、大津[外郭施設]72万円、平潟[係留地]195万円、平潟[外郭施設]63万円)=6210万円
◆漁港施設整備事業負担金(大津が500万円、平潟が202万5000円)=702万5000円
【土木費】
◆道路新設改良事業(市単、関田粟野線等)=3083万8000円
◆道路舗装事業(舗装、市内一円)=805万5000円
◆交通安全施設整備事業(市単、カーブミラー等)=342万4000円
◆二ツ島陸橋耐震補強事業(下部工補強)=4011万円
◆河川改良事業(国補、内野川)=1212万円
◆急傾斜対策事業街路改良事業(県営事業負担金)=300万円
◆街路改良事業(国補、豊田・下駒木線)=1億5775万8000円
【消防費】
◆消防ポンプ自動車購入(災害対応特殊水槽付1台)=3516万8000円
◆モーターサイレン付ホスポール設置工事(第17分団第1部、関本上)=110万円
◆津波対策半鐘設置(H16~17債務負担行為22基)=723万4000円
【教育費】
◆小学校施設整備事業=250万円
◆中学校施設整備事業=150万円
◆公共下水道接続工事(歴史民俗資料館)=130万円
【災害復旧費】
◆道路災害復旧事業(市単)=50万円
◆河川災害復旧事業(市単)=50万円
【公共下水道事業特別会計】
◆公共下水道事業(国補が6億円、市単が2億5349万円)=8億5349万円

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野