業界記事

1次災害査定を実施/4か所の復旧計画決定

2004-10-30

 県河川課の所管で自然災害を受けた河川や道路等への国からの現地調査が10月26、27日にわたって行われ、交付額が決定した。
 今回の現地調査は今年度の1次査定で、対象箇所は4か所。国からの交付額は、合わせて2050万円となった。
 この4か所は、富岡土木事務所管内の鏑川支川鎌田川(下仁田町馬山)及び秋畑富岡線(甘楽町秋畑)、高崎土木事務所管内の渋川松井田線(榛名町榛名山)、安中土木事務所管内の国道18号(松井田町坂本)。
 このうち、国道18号(松井田町坂本)で発生した道路災害は、応急工事としてすでに発注済みとなっている。
 残る3か所の復旧工事内容として、鎌田川(下鎌田橋上下流)の復旧延長は28m。根継工(L20m、H1・0~1・6m、V15立方m)、工事用道路(L175m)、仮排水路(φ300mm、L115m)を実施する。
 秋畑富岡線では、コンクリートブロック積による路側工(L16m、SL2・8~4・55m、A58㎡)、ガードレール基礎工(L16m、V8立方m)を施工。
 渋川松井田線では、復旧延長が60mで土砂掘削工(V1500立方m)、法面保護工(植生マット、A360㎡)、落石防護策柵工(L44m、ロープ、金網張替)、仮設道路工(L15m、W4m)、仮設防護柵工(H4m、L60m)、仮設工(大型土のう1t、N5袋)をそれぞれ実施する。
 工事は、11月、12月に現地調査が行われる2次査定、3次査定の交付額が確定するのを踏まえ、全箇所の中から優先順位を設け、年度内に一部箇所を発注する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野